村上豊彦のイギリス旅行~英国紳士とハリーポッターの国~

どうも、村上豊彦です。今回はイギリスです。
イギリスと言ったら、英国紳士とハリーポッターを連想しますね。

イギリスには、都市から田園風景までさまざまな顔があります。それだけ観光地もバラエティ豊富なのですが、やはり押さえておきたいのはロンドン。

特に、ビッグ・ベンとタワーブリッジ。

この2つは、誰でもその景色を写真や映像で見たことがあるはず。あらためて実物を目の前にすると、その感慨もひとしおですよ。

ほかにも、ウェストミンスター寺院やウィンザー城、ロンドン塔など、歴史の息づく建築が多くあります。こうした名所を、テムズ川クルーズでボートから眺めるのもまた格別。1日券を使えば、交通機関代わりにして観光地を巡ることもできちゃいますよ。

そして、ぜひ体験してほしいのが大観覧車のロンドン・アイ。ただの観覧車とは、ひと味もふた味もスケールが違います。

宇宙船を思わせる近未来的なカプセルに、25人乗り。360℃透明なので、まるで空中浮遊しているような気分です。ちょっと怖いかもしれませんが、開業当時世界一の135mからの眺めは、まさに絶景のひと言。

そして、忘れちゃいけないのがバッキンガム宮殿。

現在でも使用されている、世界でも珍しい王宮ですね。ここでは、ぜひ衛兵交代式を見ておきたいところ。

有名な、赤いジャケットに黒い毛皮の高帽子の兵隊さん。華やかなマーチングバンドとともに繰り広げられる行進は、一見の価値ありです。人の数がすごいので、開始時間をチェックして早めに場所を確保しておきましょう。

8~9月ごろには、宮殿内部も公開されます。豪華な内装や、王室コレクションの美術品の数々。優雅な庭園を眺めていると、気分はすっかりロイヤルファミリーです。

イギリスには、知的好奇心を満たす観光地が多いのも特色のひとつ。

なかでも絶対に訪れておきたいのが、大英博物館でしょう。

世界各国から集められた美術品のなかには、古代エジプトの石碑やギリシャ彫刻など、教科書で見たことがあるものも多いはず。とにかく展示品が多いので、とても1日では見て回れません。事前に何を見たいか、チェックしてから行くことをおすすめします。

カフェでは、イギリスならではのアフタヌーンティーや軽食を楽しむこともできますよ。ほかにも、謎の巨石ストーンヘンジや、ネッシーで有名なネス湖。

そして、リヴァプールのビートルズの生家に、エディンバラ城など、好きな人にはたまらない観光スポットがイギリスにはたくさん。

本当に、どこから見ればよいのか、迷ってしまうほどですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です