村上豊彦のロシア旅行

どうも、村上豊彦です。今回はロシアです。

ロシアといわれても、あまり観光地のイメージが浮かばない人も多いのではないでしょうか。

それに、何となく寒くて怖そう…と敬遠されてるかもしれませんね。たとえば、あの有名な赤の広場。どうしても共産主義時代のソ連のイメージが強くて、政治的な場所という印象を抱きがちですよね。もちろん、今でもクレムリンに大統領府はあるんですが。

 

その一方で、冬になると市場が出たり、イルミネーションが飾られたりと、とても親しみやすい観光地にもなってるんですよ。衛兵の交代式なんかも、なかなかの見ものです。

そして、赤の広場のすぐそばにあるのボリショイ劇場。バレエやオペラは日本人になじみが薄いかもしれませんが、やっぱり本場のトップクラスには圧倒されますよ。

そして、モスクワに行ったらぜひ立ち寄ってほしいのがグム百貨店。寺院のような外観からは想像しにくいですが、モスクワでもっとも古いショッピングセンターなんです。レストランやカフェもあるので、休憩がてらに立ち寄ってみては。おみやげもたくさんありますよ。

 

モスクワの街を歩いていると、路上で楽器を弾いている人がいたり、まるで童話のような風景に出会えるのも素敵です。お腹が空いたら、ボルシチがおすすめ。こちらも、やっぱり本場はうまい。モスクワの北東部には、世界遺産をぐるっと巡ることができる「黄金の環」というゾーンがあります。

こちらでは、ロシア正教の大聖堂や修道院などがたっぷり見られます。
カトリックの教会と違って、玉ねぎ型の屋根やカラフルでエキゾチックな様式で、見た目にも楽しいですよ。

 

モスクワからはちょっと離れますが、エルミタージュ美術館やエカテリーナ宮殿、ピョートル大帝の宮殿など、壮麗な建築物がいっぱいあって、サンクトペテルブルクもおすすめです。

とにかく、圧倒的な歴史とスケールを感じさせてくれるのがロシアの観光地。ほかではなかなか味わえない雰囲気がグッドです。
以上、村上豊彦のロシア旅行レポートでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です