オランダ~チューリップ・風車 大らかな景色を満喫~

こんちは、村上豊彦です。今回はオランダです。

オランダといえば、誰もが思い浮かべるのが風車とチューリップですよね。そんな、のどかで大らかな景色を満喫できるのが、オランダ観光地の大きな特徴です。

なかでも、そのイメージにぴったりなのがキンデルダイク。

ロッテルダムの南東にある、ごくごく平凡な田舎町。しかし、その運河沿いに並ぶ巨大な風車は、まるで絵画のような美しい景色です。

今では電動で水をかき出していますが、7~8月ごろになると実際に羽根を回すパフォーマンスも。また、9月には夜間ライトアップ、4~10月ごろには内部の見学と、季節に合わせてさまざまな見方をすることができます。

遊覧船で風車を間近に巡るツアーもおすすめです。どこか時が止まったような風景を、ぜひぼんやりと眺めて過ごしてみたいものですね。

さて、オランダのもうひとつのシンボルがチューリップ。こちらを堪能するなら、キューケンホフ公園を訪れましょう。

チューリップだけでも、その数700万本。ほかにも、ヒヤシンスやカーネーション、アイリス、水仙、蘭、バラなど数々の花が咲きほこる景色はとてもあざやか。

色と香りに包まれた、「世界一美しい春の公園」をぜひ体験してみてください。とにかく敷地が広いので、カフェなどでゆっくり休みながら鑑賞するといいですよ。こちらものんびりした観光地で、芝生の上に寝転がるのも気持ちいいです。

ちなみに、開園期間はチューリップが咲く3~5月ごろだけなので注意してください。オランダ最大の都市である首都アムステルダムもまた、運河に囲まれた美しい街です。レンガ造りの細長い建物が並ぶ風景は、おもちゃか絵本のようなかわいらしさがあります。

ここでも、運河クルーズで水上から眺めを楽しむことができます。

特に、夜景で家々の窓にカラフルな明かりが灯るのは見もの。

中心地のライツェ広場周辺では、レストランやカフェ、バーなどで食事やショッピングも満喫できます。ほかにも、路上パフォーマンスや、劇場、カジノなど、夜になっても一日中飽きさせません。

そして、アートが盛んな国としても有名なオランダ。

アムステルダム国立美術館やエルミタージュ美術館をはじめ、エッシャーやゴッホ、レンブラントの美術館など、有名な絵画もあちこちに。

日本人にもおなじみのキャラクター、ミッフィーで有名なディック・ブルーナの美術館もあるので、好きな人にはおすすめですよ。

村上豊彦のイギリス旅行~英国紳士とハリーポッターの国~

どうも、村上豊彦です。今回はイギリスです。
イギリスと言ったら、英国紳士とハリーポッターを連想しますね。

イギリスには、都市から田園風景までさまざまな顔があります。それだけ観光地もバラエティ豊富なのですが、やはり押さえておきたいのはロンドン。

特に、ビッグ・ベンとタワーブリッジ。

この2つは、誰でもその景色を写真や映像で見たことがあるはず。あらためて実物を目の前にすると、その感慨もひとしおですよ。

ほかにも、ウェストミンスター寺院やウィンザー城、ロンドン塔など、歴史の息づく建築が多くあります。こうした名所を、テムズ川クルーズでボートから眺めるのもまた格別。1日券を使えば、交通機関代わりにして観光地を巡ることもできちゃいますよ。

そして、ぜひ体験してほしいのが大観覧車のロンドン・アイ。ただの観覧車とは、ひと味もふた味もスケールが違います。

宇宙船を思わせる近未来的なカプセルに、25人乗り。360℃透明なので、まるで空中浮遊しているような気分です。ちょっと怖いかもしれませんが、開業当時世界一の135mからの眺めは、まさに絶景のひと言。

そして、忘れちゃいけないのがバッキンガム宮殿。

現在でも使用されている、世界でも珍しい王宮ですね。ここでは、ぜひ衛兵交代式を見ておきたいところ。

有名な、赤いジャケットに黒い毛皮の高帽子の兵隊さん。華やかなマーチングバンドとともに繰り広げられる行進は、一見の価値ありです。人の数がすごいので、開始時間をチェックして早めに場所を確保しておきましょう。

8~9月ごろには、宮殿内部も公開されます。豪華な内装や、王室コレクションの美術品の数々。優雅な庭園を眺めていると、気分はすっかりロイヤルファミリーです。

イギリスには、知的好奇心を満たす観光地が多いのも特色のひとつ。

なかでも絶対に訪れておきたいのが、大英博物館でしょう。

世界各国から集められた美術品のなかには、古代エジプトの石碑やギリシャ彫刻など、教科書で見たことがあるものも多いはず。とにかく展示品が多いので、とても1日では見て回れません。事前に何を見たいか、チェックしてから行くことをおすすめします。

カフェでは、イギリスならではのアフタヌーンティーや軽食を楽しむこともできますよ。ほかにも、謎の巨石ストーンヘンジや、ネッシーで有名なネス湖。

そして、リヴァプールのビートルズの生家に、エディンバラ城など、好きな人にはたまらない観光スポットがイギリスにはたくさん。

本当に、どこから見ればよいのか、迷ってしまうほどですね。

村上豊彦のドイツ旅行~本物のディズニーランド~

どうも、村上豊彦です。今回はドイツをご紹介します。
ドイツは、重厚な格式高いイメージとスタイリッシュ感があります。

ドイツというと、中世ヨーロッパのイメージが強いですよね。
そんな風景そのものが現実になったのが、ノイシュヴァンシュタイン城です。

ディズニーランドの眠れる森の美女の城のモデルともいわれ、山や湖を背景に、うっそうと生い茂った森にそびえ建つその姿は、まさに感動ものです。

私、村上豊彦はディズニーランドでのこのような雰囲気に浸るのは好きですが、やはり本物は重みが違いますね。

もともと、ルートヴィヒ2世が趣味のためだけに建てただけあって、内装も豪華絢爛。黄金の散りばめられた王座の広間をはじめ、木彫りの彫刻や壁画、見上げればシャンデリアと、どこを見ても飽きさせません。

内部に洞窟があるなど、ちょっとほかのお城では味わえない幻想的な雰囲気を味わうこともできる人気の観光地です。このノイシュヴァンシュタイン城を筆頭に、ドイツ南部のロマンチック街道では、中世風の街並や美しい自然の数々を見ることができます。

そのひとつ、バイエルン州のローテンブルクは「もっともドイツらしい街」としても有名。

旧市街には、色とりどりのメルヘンチックな古い家々。街を囲う城壁をぐるりと巡っていると、公園や博物館などで、あっというまに一日が過ぎてしまうでしょう。なかでも、マルクト広場では大勢の人がにぎわう場所。

市参事会酒宴館の仕掛け時計では、市長がワインを飲み干して街を救ったマイスタートゥルンクの逸話をからくり人形が再現。そのからくりを、今か今かとみんなが待ち構えています。

広場には、レストランやお店も多いので、ショッピングや食事もゆっくり楽しむことができるのもいいですね。

そしてもうひとつ、ドイツを訪れるなら外せないのがケルン大聖堂です。

あのサグラダ・ファミリアよりも長い、600年以上にわたる建築期間。世界最大のゴシック建築として、世界遺産にも指定されています。街中にそびえる2本の尖塔と彫刻がびっしりの外壁。

その前では、多くの観光客が思わず足を止めて見上げてしまいます。大聖堂内では、「バイエルンの窓」など色とりどりのステンドグラス。さらに、黄金に輝く東方三博士の棺に目を奪われることでしょう。

南塔には、ケルン市街を一望できる展望台もあるのでおすすめです。

ほかにも、古城街道や首都ベルリンなど、見どころがいっぱいのドイツ。どこへ行っても、ソーセージとビールのおいしさは折り紙付き。ぜひ、グルメを味わいながら満喫してください。

村上豊彦のロシア旅行

どうも、村上豊彦です。今回はロシアです。

ロシアといわれても、あまり観光地のイメージが浮かばない人も多いのではないでしょうか。

それに、何となく寒くて怖そう…と敬遠されてるかもしれませんね。たとえば、あの有名な赤の広場。どうしても共産主義時代のソ連のイメージが強くて、政治的な場所という印象を抱きがちですよね。もちろん、今でもクレムリンに大統領府はあるんですが。

 

その一方で、冬になると市場が出たり、イルミネーションが飾られたりと、とても親しみやすい観光地にもなってるんですよ。衛兵の交代式なんかも、なかなかの見ものです。

そして、赤の広場のすぐそばにあるのボリショイ劇場。バレエやオペラは日本人になじみが薄いかもしれませんが、やっぱり本場のトップクラスには圧倒されますよ。

そして、モスクワに行ったらぜひ立ち寄ってほしいのがグム百貨店。寺院のような外観からは想像しにくいですが、モスクワでもっとも古いショッピングセンターなんです。レストランやカフェもあるので、休憩がてらに立ち寄ってみては。おみやげもたくさんありますよ。

 

モスクワの街を歩いていると、路上で楽器を弾いている人がいたり、まるで童話のような風景に出会えるのも素敵です。お腹が空いたら、ボルシチがおすすめ。こちらも、やっぱり本場はうまい。モスクワの北東部には、世界遺産をぐるっと巡ることができる「黄金の環」というゾーンがあります。

こちらでは、ロシア正教の大聖堂や修道院などがたっぷり見られます。
カトリックの教会と違って、玉ねぎ型の屋根やカラフルでエキゾチックな様式で、見た目にも楽しいですよ。

 

モスクワからはちょっと離れますが、エルミタージュ美術館やエカテリーナ宮殿、ピョートル大帝の宮殿など、壮麗な建築物がいっぱいあって、サンクトペテルブルクもおすすめです。

とにかく、圧倒的な歴史とスケールを感じさせてくれるのがロシアの観光地。ほかではなかなか味わえない雰囲気がグッドです。
以上、村上豊彦のロシア旅行レポートでした。

オーストラリア(メルボルン)旅行

こんにちは、村上豊彦です。今回はメルボルンです。

オーストラリアといえば、世界でもっとも住みやすいと言われるメルボルン。
伝統的なヨーロッパ風と、現代の都会が違和感なくハーモニーしていて、素敵な街なんですよね。

まず、中心部のフリンダース・ストリート駅からしていいんです。
エドワード王朝風の、いかにも歴史を感じさせる建物。どこか東京駅を思い出すのは、日本人だからでしょうか。

駅前は馬車も走っていて、本当にタイムスリップした気分。

 

デグレーブス・ストリートでは、コーヒーの香りに思わずふらふらとカフェへ。このあたりは観光客より、地元の人で賑わってる印象ですね。ブロック・アーケードでは、まるで異国のような風景に足を止めます。

異国で異国というのも変ですが。床からアーケードまでびっしり、不思議の国のアリスに出てきそうな細工が凝らされていて、とても商店街とは思えない空間です。ショーケースのなかのケーキも、やたらおいしそうで…。

セント・パトリック大聖堂は、オーストラリア最大のゴシック建築です。
落ち着いたチョコレート色の外観から、黄金色に照らし出された屋内へ。そのおごそかさには、信徒でなくてもひざまずきたくなる気分です。

 

そして、夜はやはりユーレカタワー・スカイデッキ88。
南半球でもっとも高い、92階建てのタワー。展望台から見下ろす夜景は壮観のひと言。

夕焼けに続く、街のオレンジ色の灯がどこまでも広がるようで、柄にもなくうっとり…。
うわさの飛び出す展望台、床までガラス張りのザ・エッジは…はさすがに、今回はパス(汗)。

夜は街で夕食に。チェーン店っぽい建物が少ないので、店を探すのも楽しいですね。
ここでも臭いにつられ、ハンバーガーに。びっくりするくらい分厚くて、ジューシーで、大満足でしたよ。

ほかにも、世界でもっとも美しい海外沿いの道グレート・オーシャン・ロードや、フィリップ島のペンギンなど、見どころはたくさん。
このあたりは、また次回におあずけですね。
以上、村上豊彦のオーストラリア旅行レポートでした。

カナダ旅行(カナディアン ロッキー山脈自然公園群)

こんにちは、村上豊彦です。今回はカナダです。

カナディアンロッキー山脈自然公園群は、まさに大自然の生み出した芸術作品。

見渡すかぎり、山、山、山。何しろ、富士山と同レベルの標高に囲まれているのだから、そのスケール感は半端じゃありません。澄み切った空気を吸い込むだけで、体の奥底まで洗われるような気分。

四国以上の広さに、大氷原あり、鍾乳洞あり、グリズリーありと、とにかく見どころだらけ。あらかじめ、ポイントを絞っておくのがおすすめですよ。なかでも、絶対に押さえておきたいのがバンフ国立公園。

カナディアン・ロッキーの宝石と言われるルイーズ湖は息をのむ美しさ。エメラルドグリーンに映る逆さまの景色、雪景色の山。雲。空。そして、針葉樹の濃い、深い緑。どれもあまりにくっきりとした色彩で、まるで写真か絵画を見ているよう。

どっちを向いてもどこを切り取っても絶景になるので、誰でも名カメラマンになれそうですね。湖畔に建つホテル「ザ・フェアモント・シャトー・レイク・ルイーズ」は、それ自体に見入ってしまいます。

 

一方、ジャスパー国立公園は、カナディアン・ロッキーの半分を占める最大の面積。そのほとんどにまだ人が足を踏み入れたことがないというから、ロマンにあふれてますよね。
今ならぜひ行ってみたいのが、グレイシャー・スカイウォーク。

 

2014年にできたばかりの天望で、何と断崖からぐるりと空中へ向かって回廊が一周。その半分から先はガラスで足下が透明で、まさにスカイウォーク。

眼下にただよう霧に、思わず足元もふわふわ…。はっきりいって、高所恐怖症には厳いですね。でも、せっかくのチャンスを逃すわけにはいきません。まさに壮観です。

ちなみに、2つの公園をつなぐアイスフィールド・パークウェイは、世界でもっとも美しい道と言われるルート。
秋にはポプラ並木が色づいて、絶妙な彩りを添えてくれますよ。

1万年前の時が凍結された、ロマンあふれる観光地。みなさんもぜひ、訪れてみてください。
以上、村上豊彦のカナダ旅行レポートでした。

村上豊彦 プロフィール

どうも。ブログを訪れていただいたみなさん。

はじめまして、私が管理人の村上豊彦です。以後、お見知りおきを。
普段は証券会社で汗水垂らして働く、日本人40代男性です。

海外旅行が大好きで、休日さえあればしょっちゅう東へ西へ飛んでいます。独身ならではの強みですね(笑)。
このブログでは、備忘録も兼ねて、これまでの旅行について記しています。

今まで周った国は、アメリカからヨーロッパ、アジア、すでに20ヶ国以上は軽く超えているかな?
初めて海外へ行ったのは、学生時代のこと。

仲間といっしょに訪れたフランスでは、貧乏旅行ながら、見るもの聞くものすべてが初めてのことばかり。とても新鮮な体験ができました。
それからのことです、すっかり海外旅行に魅せられてしまったのは。

今の仕事に就いたのも、少しでもグローバルな視点を持てたらいいな、という軽い気持ちが動機でもありました。
まあ、そんな生易しい業界ではなかったのですが…(汗)。

とにかく、村上豊彦にとっての海外旅行というのは、毎回新たな驚きと発見をもたらしてくれるもの。まったく、飽きる気配がありませんね。
将来的には、海外で悠々自適に暮らす…なんて目標も持っていたりします。

そんな、フワフワした夢見るおじさんですが、この村上豊彦の世界観を少しでも共有できたらな、という想いがあります。
あなたもいっしょに、ちらっとでもいいので海外旅行の魅力を覗いてみましょう!

村上豊彦のロサンゼルス旅行

どうも。村上豊彦です。今回は、ロサンゼルス旅行について紹介したいと思います。

ロサンゼルスといえば、ディズニーランドにユニバーサルスタジオ、そしてハリウッド。アメリカ屈指の、いや世界ナンバーワンのエンターテイメント都市ですよね。
村上豊彦最大のスターは、メル・ギブソン。『リーサル・ウェポン』は、子供のころ何度も繰り返し見ました…。あのアクションにはしびれましたね~。

チャイニーズシアターで早速その手形を探し、手を合わせてみましたよ。
うーん…セメントの感触(笑)。でも、メルと握手した気分で心はウキウキです。
通りには、ほかにもジャック・スパロウに、スパイダーマン、バットマン…パフォーマーらしき人がたくさんいて、楽しかったですね。

チャイニーズシアター

アカデミー賞でおなじみ、ドルビー・シアターにも行ってきました!レッドカーペットこそありませんでしたが、あの場所に自分が立っていることに大興奮。
ハリウッド&ハイランドセンターから眺める、あの有名な「HOLLYWOOD」の看板には、感無量でした。
もう、完全なミーハーです…。

ビバリーヒルズ

午後は、高級住宅街のビバリーヒルズへ。お店や車がもう、あきらかに最高級のものばかり。
映画のロケにもよく使われるので、何となく見たことあるな~?という風景もたくさんありました。

いつか自分も、こんなところに住めるセレブになりたいですねえ…。
サンタモニカのビーチでは、海沿いをサイクリング。潮風がほんとに気持ちよかったですよ。
こちらも観光客が大勢ですが、地元の人がジョギングしたりしていて、味わい深かったです。

しかし、ロサンゼルスはやたらとショッピングモールが多くて、何かと購買欲を刺激されるのが大変でした…けっこう買いましたけど(汗)。
夜はふたたびハリウッドに戻り、グリフィス天文台でディナー。きらびやかな夜景を眺めて楽しむ食事は最高でした。

グリフィス天文台

以上、村上豊彦のロサンゼル旅行スレポートでした。

 

 

 

村上豊彦のラスベガス旅行

はい、どうも。村上豊彦です。
今回ご紹介するのは、あのラスベガスでの旅行体験!

ラスベガスといえば、ギャンブルで一攫千金みたいなイメージが強いですよね。
でも、実際に行ってみると、ショッピングにレストラン、ショーとそれ以上に楽しめるスポットがいっぱい。遊園地もあって、家族連れもいっぱいでした!

街全体がテーマパークみたいだから、歩き回ってるだけでかなり面白いんですね。特に面白かったのが、数々のホテル。
ニューヨーク・ニューヨークは、自由の女神やエンパイヤステートビルをぎゅっと詰め合わせたような、見た目だけでお腹いっぱいのデザイン(笑)。
ほかにも、ルクソール・ホテルでは、ピラミッドとスフィンクス、パリス・ラスベガスにはエッフェル塔まであって、国籍不明、もう自由自在。
おもちゃ箱をひっくり返したみたいで、ほかでは絶対に見られない街並ですね。

ニューヨーク・ニューヨーク

それ以外でぜひ紹介しておきたいスポットが、フーバーダムです。ラスベガスからちょっと離れて、車で1時間足らずの距離。
ダムといっても、日本とはくらべものにならない規模ですよ。

高さ200m以上から見下ろす風景は、飲み込まれてしまいそうなスケール感でした。
ダムの底も、地底探検してるみたいで面白かったです。ごうごう響く音が、また迫力満点。

フーバーダム

そして、ラスベガスで忘れられないのが、シルクドソレイユです。水上ショーのオーを観てきましたが、もう大興奮。
水があるから、人間が飛び回る、跳ね回る。水しぶきもバンバン上がります。
音響もすごくて、まるで別世界にいるみたいでした。

ラスベガス自体がずっと夢のなかにいるような感じで、本当に帰りたくない気分にさせられましたね。
お金持ちの街というイメージも強いのですが、意外と気軽に遊べる店も多いんですよ。

シルクドソレイユ

えっ、カジノですか?まあ少しだけルーレットをやってみましたが、結果は聞かないでください…(汗)。
以上、村上豊彦のラスベガス旅行レポートでした。

村上豊彦のマイアミ旅行

どうも。村上豊彦です。
今回は、マイアミ旅行のお話をしたいと思います。
マイアミといえば、ビーチリゾート地として有名ですね。冬場もとても暖かく、避暑地ならぬ避寒地として、とても人気の場所です。

空港を降り立つと、真冬なのにポカポカ。たしかにタイムトラベルしたような気分でした。
ビーチでは、真っ青な空。海。そして陽気な人たちの賑わい。ヒスパニック系の人が多くて、何だかラテンの空気がすごいんです。
これはもう、夏です!南国です!

でも、空気はカラッとして、とても気持ちいいんですよね。
一人旅だったので、今回は泳ぎはパス。海岸沿いを歩くだけでも、エキゾチックな街並みが楽しめましたよ。
アールデコ歴史地区では、丸っこい、淡いパステルカラーの建物が並んでいて、何となくフワフワした気分で異国情緒を盛り上げてくれます。

マイアミビーチ

オープンカフェのエッグベネディクトは、パンがふわっふわ、卵はとろっとろで最高でした!
午後は、エバーグレーズ国立公園へ。爽やかな南国の海岸から、一気にジャングルのような湿地帯です。
湿った空気が濃厚で、なかなか日本で味わえない雰囲気ですね。

とにかく、広い、広い。
ボートツアーでは、マングローブの森を眺めながら移動しました。

あの、冒険映画なんかでよく見る風景です。野鳥もたくさんいて、原住民の太鼓の音なんかあれば完璧だったかも…(笑)。
密林に入って行くときは、かなりの緊張感。何しろ、道のすぐそばにワニがうようよいるようなところですからね…。
でも、澄んだ水がキラキラ照り返して、景色はとてもきれいでした。

エバーグレーズ国立公園

その後は、ふたたびマイアミビーチへ。
ココナッツグローブから見る夕焼けの美しさ、そしてメインストリートのオーシャンドライブでは、昼間とは打って変わって鮮やかなネオンが灯ります。

オーシャンドライブ

時間帯によって、さまざまな風景が楽しめるのも素晴らしいですね。
以上、村上豊彦のマイアミ旅行レポートでした。